「ほっ」と。キャンペーン
カウンターテノール聞き比べ:アヴェマリア(カッチーニ)
b0116413_11101413.gif

母の存命中、母のコーラスのお仲間から借りて来たテープに
スラヴァのものがあり、其の中の美しい曲に聞き惚れてしまいました。
カッチーニのアヴェマリア。
カッチーニは16世紀のメディチ家の歌手であり作曲家でもありましたが、
近年、この曲には疑問符がついてる事がわかりました。
どうも実際には1970年頃ソ連の音楽家ウラディーミル・ヴァヴィロフ
(Vladimir Vavilov 1925-73)によって作曲された歌曲である事が
有力説なのだそうです。
ヴァヴィロフは自作を古典作曲家の名前を借りて発表する事がよくあり
 『アヴェ・マリア』も 当初「作曲者不詳」で発表していたのが、
ヴァヴィロフの没後十年を経てCD録音されたBieshuやイネッサ・ガランテ盤
では作曲者 が"G.Caccini"と表記され 楽譜などの典拠不明のまま伝播し
ジュリオ・カッチーニの作とされてしまって来たそうです。

前置きはともかく、ここ数年、ときどき『カッチーニのアヴェマリア』
フリークになってしまう私のお気に入りのYoutube。

ひょんな事から知った日本人のカウンターテノール歌手の弥勒忠史様。
嫌みの無い、変な色気も無い、中性的な声が気に入っています。
2007年コモ湖のフェスティバルの時の画像で見にくいのですが、
アクセス数約3300の内50アクセスくらいは・・・きっと私です。



そして、「歌手は体が楽器」と思わせてくれるのがBezinskikh(ベツィンスキー?)。
音符のひとつひとつがこれほどまでに、研ぎすまされて唄われていることに
感動。最後の方しか唄が出ていませんが、これも本当は全部聞きたい。



どなたか、ブライアン・アサワの アヴェマリアを知っている方は、
ぜひ教えて下さいな。
ここ数年、これに取り付かれると、時間を忘れてしまう・・・・・
カウンターテノールフリークは、早く脱却しないと・・・・無理かな・・・・
[PR]
by olivemomo | 2009-12-14 11:10 | 音楽 | Comments(2)
Commented by un-chat at 2010-02-06 17:26
こんにちは。暫し聴き入っていました。
是非生のオーケストラで聴きたくなりますね。
『カッチーニのアヴェマリア』は有名なので知っていたのですがアサワ氏はわからなくて、、、ごめんなさいね。

色々な事にアンテナを巡らせている olivemomoさんのblog、楽しませて戴いてます♪
Commented by olivemomo at 2010-02-06 18:39
un-chatさま、
ご訪問有り難うございます。
いえいえ、何から何まで中途半端で、何一つ大成していません。
写真、とても素敵です。年末にやっと一眼レフを買いました。
それで大好きなスイートを試しに撮っていますが、
感性がなくて・・・・磨こうとする原石が私の中にはないみたい・・・
天性のものでしょうかね。
がんばりますのでこれからもご指導よろしくお願いします。
<< 明けましておめでとうございます 私のお気に入りの処 >>