「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
お仕事用ブログ開設のお知らせ
b0116413_134233.jpg

私の,お仕事用ブログを開設しました。
どうぞ皆様、お越し下さいませ。

そちらへは Atelier M'sをクリックして下さい。
[PR]
by olivemomo | 2007-11-28 13:06 | Comments(8)
私のお気に入り ーその3−
画像サンプルデータのCDを8年くらい前に買いました。
その中に私を一番笑わせてくれるものがこれ。(シンフォレストより)
b0116413_022338.jpg

マドリッド(スペイン)。三日月の目をして笑う不思議な3匹。彼らは午後5時にしめし合わせてここに集い,毎日そろって笑っているのだと言う・・・。

b0116413_0295623.jpg
久々の登場!私だって負けていません。こんなふーにご主人oliveさんをとっても幸せな気分にしてあげる事が出来るんです。

さあ、さあ皆で微笑んで!
ね、やーなこと、みーんなすっ飛んじゃうでしょ。
[PR]
by olivemomo | 2007-11-22 00:33 | Comments(4)
エルンスト・オッテンザマー リサイタル
11月13日、静岡プロムジカの会、ルードウィッヒホールにて、ウィーンフィルのソロクラリネット、エルンスト・オッテンザマーさんのリサイタルがありました。
b0116413_9114543.jpg

11月12日の午前中に成田に着き,その午後には静岡大学で急きょ学生のための特別コンサート(静岡大学地域社会文化研究ネットワーク主催)をして下さる事になり、練習に入りましたがかなりのハードスケジュールでした。
今,ウィーン周辺は天候が悪く,飛行機が飛んだり飛ばなかったりで,本来の予約してあった飛行機に乗っていたら、静大のコンサートには間に合いません。そこでとにかくに日本へ飛んでゆく飛行機を探し,飛び乗ったそうです。でも、エコノミーで10数時間。体格の良い彼にはかなりきつかったそうです。それで午後には特別コンサートですから、もう「オッテン様々」です。それにしても本当にありがたいです。そこまでして、来て下さって・・・。
b0116413_1054225.jpg

11月13日、プロムジカの会でのリサイタルは,入場者130名ほどで、会場はいっぱいでした。
初めて聴いた曲ですが、サンサーンスの「クラリネットとピアノのためのソナタ」には鳥肌が立ちどうしでした。曲相もさすがサンサーンスらしく涙が出るほど美しいのですが、彼のクラリネットが前の数曲をずっと聴いて来て、これほど多彩な音色がだせるのかという感動を覚えました。
b0116413_11303574.jpg素顔は二人の息子さんのお父さん。二人ともクラリネットの演奏をしていて,来年からご長男がウィーンフィルのクラリネット奏者として入団するそうです。これで親子そろって舞台に立つ日も間近ですね。楽しみです。入江岡の静鉄ストアーで、お米や焼き海苔を買い込んで、健康食を食べるんだとおっしゃって、ウィーンのご自宅に持ってゆく荷物にしていました。
「ウィーンにまたおいで」」というお言葉をいただき、「皆で行きますね」と楽しく歓談が出来たのは嬉しかったです。この「静岡プロムジカの会」という小さな会ですが、これまでずっと、温かい気持ちで接して下さり、そして目一杯サービス精神を発揮して下さるウィーンフィルの方々には本当に感謝しています。大きなコンサートではふれあえない何かがここにはあると確信しています。
[PR]
by olivemomo | 2007-11-15 10:12 | 音楽 | Comments(9)
シュールなマリオネット(バルセロナ)
b0116413_23222982.jpg
何年か前、バルセロナのミロとピカソの美術館の帰りに,ゴシック地区で見かけたマリオネット。ダリを思わせるようなシュールなマリオネットです。
b0116413_23432562.jpg
つい先日も静岡で「大道芸ワールドカップ」が行われました。
データを整理していたら、バルセロナのストリートパフォーマーをたくさん撮ったものが出て来て、この時期にアップしてみようと思いました。
何とも素敵な馬が、笛の音楽と共にゆっくりと踊るのです。独特な雰囲気の人形達もちょっと幻想的な世界を作っていました。
昔、サントリーのコマーシャルで、ガウディーのサグラダファミリア教会の中でダリの絵から飛び出したような人形がバレエを踊るものがありました。そんな光景を思い出しましたが、これはバルセロナの旧市街ゴシック地区でのパフォーマーです。





b0116413_23572946.jpgカテドラルの前の広場ではマリオネットを見ながらコーヒータイム。








b0116413_2354057.jpgいたる所にこんな絵を売るスタンドがあります。

バルセロナの印象は、伝統の中で、人生を楽しませてくれる芸術が,堅苦しい形式にとらわれず思い思いの発想で爆発している町だなと思いました。
日本人の私達には異様に映るものも,この町では独特な雰囲気を作り出し、それは中世の暗い部分,地中海の底抜けに明るい部分、近代の尖った部分それぞれが入り交じり構成されて行っているように思えました。
それはまだまだ進化中でこの先このバルセロナを訪れるたびにその姿が楽しみです。
[PR]
by olivemomo | 2007-11-07 23:34 | ドイツ・ヨーロッパ | Comments(4)
航空写真
ショールムと工房のある岡部町殿(との)の航空写真です。
コスモス畑と工房が見えて来ました。
上から見るといつもの景色が違って見えます。
b0116413_23451619.jpg

もっと近づくと・・・新しく建った家々と工房の様子が分かります。
b0116413_23505858.jpg

上から見ると,工房とショールームは単なる青い工場の屋根だけでしたが、
平地にいる時と上から見るのとでは回りの距離感が全く違いますね。

先日,兄が従兄弟夫婦を乗せて、三保の飛行場から小型飛行機で飛び立ち,
天竜の奥を飛んだ帰りに岡部の工房の上をぐるりと飛んで航空写真を撮りました。
コスモス畑もピンク色に色づいているのが分かります。
鳥はきっとこんな景色をいつも見ているんでしょうね。
[PR]
by olivemomo | 2007-11-05 23:54 | その他 | Comments(0)