<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
迷指揮者
木製パズルばかりを紹介していましたのでここでちょっと一息。

私のブロ友、オペラ歌手Yukoさんのブログにウィーンの「Haus der Musik」
がアップされていたので、近々私のブログにアップしようと準備していた
記事を載せます。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートに行った時のこと、
この「Haus der Musik」に遊びに行きました。
そこで、ウィーンフィルの指揮が出来るのです。

b0116413_11341683.gif

私のタクトにあわせて,ウィーンフィルのオーケストラが
演奏してくれるなんてなんてすばらしい!!・・・早速指揮台に立ち
指揮棒を持って、たしかラデツキーマーチだったでしょうか、
マーチを振るなんて初めて。心の中で「いち、に、いち、に・・・」
と,思いきや、出だしはなんとかついて来てくれたのですが、
「最悪の指揮者だぁー、弾いてなんかいられないよ!」と叫んで
席を立って皆散って行ってしまうのです。
「ちょっ、ちょっとまってよぉ・・」と,再度挑戦。

こんな具合に何度も挑戦して・・・汗だらだら状態。
多分、タクトの先端からレーザーが出ていて、テンポをゆるく振ると
画面や音がゆっくりと流れ、早く振ると、早く流れるように
なっているのだと思います。それが何回かくずれると、
コンサートマイスターが立ち上がって、「最悪の指揮者だ・・・」
と叫んで、演奏をやめて帰っちゃうんです。
これは最高に面白かったです!!!
ちゃんとテンポを合わせて振っていたつもりなのにテンポが
めちゃくちゃだったんですね。
結論として、私は指揮者には向かない体質だとわかりました。

それにしても,ウィーンフィルの方々は役者だなぁーと感心しきりの旅でした。
ウィーンに行かれた際には是非お寄り下さい。
[PR]
by olivemomo | 2008-07-31 11:33 | Comments(4)
木製パズル(2)
b0116413_16581773.gif

前回に引き続き木製パズルのストライプ。

b0116413_171573.gif

メイプルとウォールナットのコントラストが美しいのですが、
これが難解なパズルで、バラバラにするのが恐くていまだに
自分でも挑戦していません。下の写真のように分解します。
b0116413_172869.gif
b0116413_17282430.gif


このパズルは数種類の木が使われています。
ストライプと違い、キューブですと組み立てやすいのではないでしょうか。
b0116413_172514.gif

ウェーブは「網目模様」という名前がついています。

b0116413_1754969.gif

こんな楽しいパズルだったら飽きずに取り組めるかもしれません。
色や形はさることながら、立体の部分の洞察力も試されます。
フランスからのインストラクションによりますと,7歳から70歳代の
方までが対象だということでした。6歳以下は、飲み込む危険があるので
触らせないようにという注意書きがありました。

バーズではこのようにディスプレイしています。

b0116413_17174774.gif


         oliveのビジネスブログ Atelier M'sのコンフォートライフ
b0116413_1532161.jpg

      
               バーズSHOP&家具工房ボーボワ
b0116413_125353.jpg

[PR]
by olivemomo | 2008-07-29 17:04 | Comments(0)
木製パズル・フランスから輸入しました
b0116413_1120690.gif

まるで絹の布を広げたような波が美しい木製パズル<TRUZZLE>トラッズル
を、フランスから輸入しました。
一月のパリ,メゾン・エ・オブジェで出会いました。
フランスのブザンソンの近くで木工職人が一つずつ仕上げた美しい製品です。
上の拡大写真の全体図が下の写真です。
b0116413_11203157.gif

モノカラーの製品でよくわかるのは、のこぎりの幅がほとんど
出ていないと言う精巧さ。特に木目のきれいな木を使うと、
木目に見とれてしまいます。
b0116413_11204270.gif

b0116413_11205155.gif

お品は、私がアドバイザーをしている岡部町殿のバーズにて、
販売していますので是非お越し下さい。そしてこのパズルに挑戦して下さい。
順次、紹介してゆきます。

      私、oliveのビジネスブログ Atelier M'sのコンフォートライフ
b0116413_1532161.jpg

      
               バーズSHOP&家具工房ボーボワ
b0116413_125353.jpg

[PR]
by olivemomo | 2008-07-27 11:36 | Comments(0)
訂正
b0116413_14324826.gif

先日のポスターに訂正とデザイン変更がありましたので再度アップし直します。
デザインはどこが違うのかわかりますか???正解は一番下に。
         
    *****発売日が7/27になりました。*****

今年も,「静岡プロムジカの会特別講演」のお知らせをする季節になりました。
今年は、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の首席チェロ奏者
Franz・Bartolomeyフランツ・バトロメイ(バルトロメイ)さんが静岡市清水区の
ルードウィッヒホール(静岡市清水区浜田町4-15 Tel.054-352-8563)
にて演奏して下さることが決まりました。今回で5度目の演奏ですので,
おなじみの方もいらっしゃると思います。
ホールは小さいので、ほんの数メートルの近さで、楽器そのものの
迫力や、円熟した技巧が充分に鑑賞出来ます。
ウィーンはもとより、世界中で,高い評価を受け、今や彼の音楽性と,
人間性がにじみ出た演奏を楽しみにしている人が最も多い演奏者の一人です。

やっとこのポスターを作り上げたところで、早速アップしました。
是非すばらしい音楽を身近に聴くチャンスを作って下さい。
私のお役目は、いつものように通訳(と言っては本物のドイツ語通訳の
方に失礼なので、「コミュニケーションのお手伝い」と言う事にしています)
と運転手のボランティアをします。

ちなみに、このポスターの台紙はIllustratorで葉っぱを作り、Photoshopに配置。
フィルターと、レイヤー効果を使い葉っぱをエンボスにして、再びIllustratorに
配置して文字構成をして作りました。
けっこう時間がかかるのですが、ポスターばかりを日頃やっている訳では
ないので、イメージを膨らませて、それを形にするまでに時間がかかります。
もっとスムースに出来ないか・・・
夜な夜な「誰か教えてぇー!!」と叫んでいます。
デザイン力(りょく)に問題があるのはとうにわかっているのですが・・・
勉強,勉強また勉強ですね。

正解:所々の字のデザインを変えました。
これから,これを印刷屋さんにわたすところです。


      私、oliveのビジネスブログ Atelier M'sのコンフォートライフ
b0116413_1532161.jpg

      
               バーズSHOP&家具工房ボーボワ
b0116413_125353.jpg

[PR]
by olivemomo | 2008-07-15 13:55 | 音楽 | Comments(0)
ウィーンフィルの首席チェリスト、再び
b0116413_9175285.jpg

今年も,「静岡プロムジカの会特別講演」のお知らせをする季節になりました。
今年は、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の首席チェロ奏者
フランツ・バトロメイ(バルトロメイ)さんが静岡市清水区の
ルードウィッヒホール(静岡市清水区浜田町4-15 Tel.054-352-8563)
にて演奏して下さることが決まりました。今回で5度目の演奏ですので,
おなじみの方もいらっしゃると思います。
ホールは小さいので、ほんの数メートルの近さで、楽器そのものの
迫力や、円熟した技巧が充分に鑑賞出来ます。
ウィーンはもとより、世界中で,高い評価を受け、今や彼の音楽性と,
人間性がにじみ出た演奏を楽しみにしている人が最も多い演奏者の一人です。

やっとこのポスターを作り上げたところで、早速アップしました。
是非すばらしい音楽を身近に聴くチャンスを作って下さい。
私のお役目は、いつものように通訳(と言っては本物のドイツ語通訳の
方に失礼なので、「コミュニケーションのお手伝い」と言う事にしています)
と運転手のボランティアをします。

上の写真では見にくいので,下にあらためて曲目,プロフィールをのせます。

(曲目)
A.ヴィヴァルディ チェロと通奏低音のためのソナタ 第1番 変ロ長調RV47
J.S.バッハ   無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調
A.ヴィヴァルディ チェロと通奏低音のためのソナタ 第5番 ホ短調 RV40
L.v.ベートーヴェン チェロとピアノのためのソナタ イ長調 作品69

(プロフィール)
フランツ・バトロメイはウィーンに生まれ、6歳でエヴァルト・ヴィンクラー氏
のもとでチェロを始める。その後ウィーン音楽大学にてリヒャルト・クロチャク
氏に、個人的にエマヌエル・ブラベッツ氏に師事する。すでに幼少から独奏者と
して、また室内楽奏者として世界的な演奏活動を行い、ブダペスト(1963)、
モスクワ(1966)、ウィーン(1967)の国際コンクールにて入賞。現在ウィーン
フィルハーモニー管弦楽団の第一首席チェリストであり、祖父は首席クラリネッ
ト奏者、父はヴァイオリン奏者と、三世代続いてのウィーンフィルハーモニー管
弦楽団員である。1997年からウィーン宮廷楽団の一員として、またウィーン・
ゾリステンアンサンブル、ヴィーナー・ヴィルトゥオーゼン、アンサンブル
“Do You Know?”のような様々な室内楽団に所属している。独奏者としては、
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の定期公演、ザルツブルク音楽祭、ウィーン
芸術週間、ウィーンモデルン音楽祭、ルツェルン国際音楽祭、ケルンテンの夏音
楽祭にて、レオナード・バーンスタイン、ジェイムズ・レヴァイン、ダニエル・
バレンボイム、ベルナルド・ハイティンク、Sir アンドレ・プレヴィン、マリス・
ヤンソンス、Sirサイモン・ラットル、Sirロジャー・ノリントン等の指揮者と協演
している。

ちなみに、このポスターの台紙はIllustratorで葉っぱを作り、Photoshopに配置。
フィルターと、レイヤー効果を使い葉っぱをエンボスにして、再びIllustratorに
配置して文字構成をして作りました。
けっこう時間がかかるのですが、ポスターばかりを日頃やっている訳では
ないので、イメージを膨らませて、それを形にするまでに時間がかかります。
もっとスムースに出来ないか・・・
夜な夜な「誰か教えてぇー!!」と叫んでいます。
デザイン力(りょく)に問題があるのはとうにわかっているのですが・・・
勉強,勉強また勉強ですね。
[PR]
by olivemomo | 2008-07-05 09:57 | 音楽 | Comments(4)