「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
薪ストーブ・焼きリンゴの顛末
b0116413_429616.gif
先日も新聞に載っていましたが、薪ストーブが売れているのだそうです。
家具ショールーム・バーズにもアメリカ・バーモントキャスティングの
薪ストーブに火を入れています。
いたずら心で焼きリンゴに挑戦。ワイルドに行こうと思います。
第一回目は、丸ごとホイルに包んで、鉄のフライパンを乗せ、
それに置いてみました。いい臭いがショールームに漂います。
ところが、あまりの高熱で、下の方だけが解けたようになりました。
簡単に考えていたのですが・・・

b0116413_4291886.gif
そこで、後日、均等に火が行き届くようにフライパンの上にやはりホイルを敷いて、
切ったリンゴを並べてストーブに乗せました。

b0116413_4293050.gif
今度は成功。火が通ったと確認したところで、グラニュー糖と
シナモンをふりかけ、ハイおやつの出来上がり。
年末のひとときでした。
[PR]
by olivemomo | 2008-12-31 04:40 | その他 | Comments(2)
メリークリスマス
メリークリスマス。
Föhliche Weihnachten und Eine Schöne Neues Jahr!

一年にほんの少しでも、優しく他人を思いやる静かな時間を
気付かせてくれるこの時期。
この一年、困難な事、楽しかった事、仕事での達成感、友情の有り難さ、
色々なことがありました。
しかしながら、傍らに何時もこの子がいて、いつも癒されてきました。
そして、世界中の子供達が、幸せな夢を見られますように・・・・
平和が訪れますように。

どうぞ皆様、お元気で新年をお迎えください。

b0116413_14353666.gif

[PR]
by olivemomo | 2008-12-25 14:36 | Comments(2)
色々なご報告(4)伝統的なもの
本日投稿した4つ目の記事です。
b0116413_22431518.gif
前回記事のお世話になった京人形屋さんの後継者のお兄さん。
住まいをを三条平安神宮近くに移し、以前と変わらず伝統的な
京人形を製作しています。今は季節的に干支のもので忙しいのですが、
新しい形の京人形も意欲的に作っています。
b0116413_2253740.gif

ただ、伝統産業の現場は大変厳しく、このご時世に削るところは
こういう分野のものがどんどん削られてゆく時代だそうで、
「こういう人形の分野は、もうあかんなぁー。昔と様子が違う
さかいになぁー・・・それに、ええ人形を作るもんがいなく
なったしなぁー・・・」ということでした。
新しくデザインしたひな人形も見せて下さいました。
又追ってご紹介しますがそのディテールだけでも拡大して
お見せしましょう。
b0116413_2257208.gif

フォルムの美しさもさることながら、衣の柄も一筆一筆描いている
気の遠くなるような仕事です。
がんばってなんとかこのすばらしい感性と技術を伝えていって
欲しいものです。

古い友人達にも会いました。
ロケーションがまたすばらしいお庭でした。
「桜鶴苑」という南禅寺近くの個人の邸宅だったところです。
b0116413_23135719.gif

b0116413_23143485.gif

そのお庭は芸術的でした。土地の高低をなだらかな流れにして、
大切に大切に苔を維持しています。石の並びもどの角度からも
自然な感じでかつ計算され尽くしてあり、思わず立ち尽くして
しまいました。近年私の訪れたお庭の中ではベスト1でした。
お料理もすばらしい京懐石。
b0116413_239329.gif

一つ一つが宝石のようでした。

今回の京都はお見舞いが目的でしたが、短いなりにも「心の旅」でした。
[PR]
by olivemomo | 2008-12-02 22:45 | Comments(2)
色々なご報告(3)お見舞い
両親と親交の深かった京都府宮津のMさんご家族、
そして京都市内の知人のお見舞いに11月初旬、行って参りました。
b0116413_21461956.gif
b0116413_21471658.gif

宮津の天橋立の付け根にあるお家のまわりは、古い町並みや丹後の縮緬の里、少し車を走らせると舟屋(ふなや)で有名な伊根町というところがあります。

海側から見た遠景。
b0116413_21485859.gif

近くから見た様子。
b0116413_21493547.gif

そして裏側の街道から見た舟屋の様子。
b0116413_21505276.gif

なんと、海側から見たのとは違い、お蔵のような作りをしています。
地元のおばあちゃんから聞いた話ですと、舟屋には若夫婦が住み、
道を挟んだ母屋には老夫婦が住むのがしきたりなのだそうです。
静かなたたずまいのこの町ももう今では雪が降り、
厳しい冬が来ているとの事です。
どうぞ、御体大切に。この次にお伺い出来るならば、以前のように
お元気になられていらっしゃる事、お祈りしています。

そしてもう一件のお見舞いは京都市内。
東山,清水寺,三十三間堂近くの、学生時代下宿をしていた時に
お世話になった京人形制作を生業としているご家族。
86歳になるおばさんはお三味線のお師匠さん。久しぶりに
私もお三味線の「ちゃっきり節」を弾きました。
なかなか体が覚えているもんです。弾けなくなっているところは
多々ありましたが、何度かまたご指導いただければ、宴会芸として
いつかご披露出来るかも・・・。なーんて、まだまだ道は遠いのですが。

学生時代,故郷から遠く離れて、お向かいに下宿している私を、
実の子供のように可愛がってくれたものです。
その時に受けたご恩は一生忘れません。いつかそのことを語った時に
「ええがなー、あんたがまた、他人にやさしーしてやればええことやがな」
そんな家族でしたが、ご長女がご病気、おばさんもお元気とは言っても
ご高齢。
どうかどうかみなさん、今のまま変わらずに!!
涙声で、叫びました。心の中で。
[PR]
by olivemomo | 2008-12-02 21:51 | Comments(0)
色々なご報告(2)栓の木の什器
同級生の奥様が、器のお店を出すという事で、相談を受け、
陳列のための什器を考えました。もうすでに、いろいろな作家さんたちと
コンタクトも取り、かなりの量の仕入れをしていらっしゃいました。
b0116413_1840434.gif

現場を見て簡単なラフスケッチですが私の描いているイメージを伝えます。
イメージの段階では、土間にくる部分は角をミミの延長のように丸く
落とした方が土間から上がる場合に抵抗が少ないと思っていました。
色々な材木屋さんを回り、紆余曲折を重ねとうとう行き当たったところで
あまりミミのうるさくない「栓(せん)の木」の板に巡り会いました。

b0116413_18473338.gif

無理にミミを欠かなくてもいいのではと言うお施主さんのご希望で
そのまま滑らかに削ってもらいました。
しかも足を替えれば座敷内でテーブルとしても使えるようにしました。
まだ仮ディスプレイの写真ですが、全容を後日ご報告させていただきます。


b0116413_18523664.gif


なお、この加工は岡部町殿のバーズ併設家具工房ボーボワです。
               バーズSHOP&家具工房ボーボワ
b0116413_125353.jpg

[PR]
by olivemomo | 2008-12-02 19:06 | インテリア | Comments(0)