「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
レトワール・デュ・ソレイユの生地
バーズで提案してるカーテン生地です。
b0116413_0313952.gif

焼津市のT邸では、ご主人の趣味のワークテーブルで目隠しに
レトワール・デュ・ソレイユの生地でフラットカーテンを作りました。
フラットカーテンはほんの少しの余裕でヒダが出ます。
カーテンレール長さの5%の余裕くらいでこのようになります。
b0116413_0384079.gif

b0116413_029509.gif

また、左の網戸が手前に開くのをクリアしなければならない事が
条件でしたので、ロールスクリーンやブラインドよりもフラットカーテンに
なりました。
b0116413_0301685.gif

元々目隠しをする予定ではなかったのですが、あまりに隣家からの
視線がダイレクトな為に急きょ付ける事となりました。
レトワール・デュ・ソレイユの生地は、そのストライプの特性や
ストライプのもつデザイン性を生かすのにはあまりヒダ倍率が
多くない方が美しいかと思われます。

ワークデスクと上の棚はバーズ併設工房ボーボワの製作した(チェリー材)特注です。

  
[PR]
by olivemomo | 2011-02-24 00:41 | Comments(0)
”春色の本たち” 製本の作品展
1月27日から2月23日まで「折金製本工房」生徒の作品展が開かれました。
今回は折金先生が100人の人から募集した絵で「豆本」を100冊作り
展示しました。にぎやかな展示でしたのでご紹介します。

下は春色のプリントで作った私めの装丁作品です。
b0116413_15464712.gif


で,展示作業の会場の様子。
100人の絵を100冊の豆本にして空中に吊るして展示作業をしました。
b0116413_15504527.gif

かわいい絵本たち
b0116413_1552667.gif

小さな絵本もたくさん作ってありました
b0116413_15521914.gif

かわいいプリントのアルバムです。お祝いに良いですね。
b0116413_15523090.gif

b0116413_15525081.gif

輸入の壁紙を利用した本を作った生徒さんの作品
b0116413_15532130.gif

先生の豆本です。ブランドの包装紙などで作って素敵です。
b0116413_15534362.gif
b0116413_1554069.gif

この陳列は切り株を利用した陳列台です。雰囲気が出ます。
b0116413_15542675.gif


またやりますので是非ごらんになってください。
[PR]
by olivemomo | 2011-02-23 16:02 | 趣味 | Comments(0)
バーチャルカーテン
今回はお客様との打合せや、プレゼンテーションボードを作る際の
一つの要素をご紹介します。

新築家屋のイメージ作りに下の写真のようなバーチャルで
窓周りを演出してみる事があります。
大急ぎで作ったので、壁等の色がいまいちリアルでは
ないのですが、大工さん達のお道具も、消してゆきます。

b0116413_1593448.gif


ただ柄のスケール感を間違えたら「こんな大きさの柄がくるの?」
というトラブルにもなりかねません。下のプリーツスクリーンも
ネットやカタログの写真があればOKです。
折り目や,しわしわ感も加えて、なるべく実際に掛けたらどうなるかを
目で確かめてもらいます。

b0116413_15101749.gif


お客様のお嬢様のお部屋は壁も薄いパープルに塗られていました。
お気に入りのキャス・キッドソンの生地を縫製して作るご要望で、
縫製前のバーチャルのイメージ作りにカーテンを作ってみました。

普段イメージをする事に慣れている方なら問題はあまり
ないのでしょうけど、カーテンやブラインド、スクリーン
等はそこの空間の印象作りにはとても面積も大きいし、
重要なファクターで、小さな布片だけを見せられても
なかなかイメージするのは大変です。

柱や壁は容易にとっかえひっかえ出来ません。
でもファブリック関係のものは、季節毎,また何年かたって
イメージチェンジをする事が出来ます。そんな時には
色々な生地でもってバーチャルのカーテンでイメージ作りのお手伝いを
いたします。
[PR]
by olivemomo | 2011-02-23 15:11 | インテリア | Comments(0)
馬頭琴の演奏と朗読
賞味期限切れ? でしょうが・・・・・・・

とうとう一ヶ月以上、ブログに手を付けられませんでしたが
やっとやっと更新します。その間、メイルや,コメントのチェックを
するのが精一杯。
でも、いまどき「明けましておめでとうございます」はないですよね。
その間、大変多くの方々にお訪ね頂き有り難うございました。
順を追ってアップします。

1月7日静岡市清水区庵原町の一乗寺にて新年の「大般若の法要」の際に
通常の法話の代わりに、馬頭琴の演奏と朗読をいたしました。
私の朗読は馬頭琴のBGMによる、「スーホの白い馬」です。
この馬頭琴とのコラボもかれこれ6回目となります。

b0116413_13572652.gif


b0116413_13571197.gif


今回はいつも一緒にやっている富栄さんが、今、日本にいないので、
富栄さんの紹介で東京からこの演奏の為に来静してくださったのは
「マンダさん」という20歳の青年でした。

表現コミニケーションの分野の勉強の為に、日本の国立大学受験中です。
忙しい間をぬって演奏に来てくださいました。
現地で受賞経験も持つマンダさん。
すばらしい胸を打つ演奏でした。特に、「万馬のいななき」は馬頭琴の
演奏の中でも一番迫力の有る曲です。

きっと初めてだろうと思い、久能山のイチゴ狩りに連れて行ったのですが、
「僕はイチゴは木になってるものだと思いました」と言っていました。
目の前の海で、波の様子を写真に撮っている遊ぶ姿は初めて触れるものへの
好奇心丸出しのかわいい少年のようでした。
[PR]
by olivemomo | 2011-02-08 13:57 | Comments(0)