無駄な努力
b0116413_11171913.gif今頃???
と言われそうですが、出来上がったはずの梅干しを,あまりに日差しが強いので、このお日様のパワーを充分に取り込んでおこうと思い、またもや今頃になって干しました。無駄な努力と思ったのですが・・・。

梅干し好きの私にはこの量で約一年分でしょうか。生前、母と一緒に漬けていた梅干しも残っているので、ビンテージものとして大切にして、それも時々食べて母と一緒に漬けた時の事を思い出します。毎年大量に漬けていました。そして、古い梅干しほど味はまろやかになります。

私の子供の頃には、おばあちゃんが汗をたらたら流しながら漬けていました。その汗が瓶の中にぽとぽとと落ちるのです。そしてその頃には塩が吹いたような塩気の多い梅干しでした。きっと、おばあちゃんの汗もその塩の中に混じっていたのでしょう。

塩分は難しいのですが約10%前後です。これより少ないと時々かびることがあります。塩を少なくして焼酎を吹きかける事もありますが、量を間違えると焼酎の香りが気になりますし味もいまいち。10%でも塩気が多いと感じますが、対策としては、食べる前に番茶でちょっと洗うように塩を落とします。

山梨のいとこが「カリカリ梅」を漬けます。それもまた美味しい・・・。私ちょっと梅干しにはうるさいのです。あーあ、生唾が出て来ました。
[PR]
by olivemomo | 2007-08-22 11:43 | その他
<< 虫おくり 夏の色 >>