「LRT(ライト・レール・トランジット)で結ぶ会」での活動
b0116413_13385836.jpgドイツ南西部Freiburg(フライブルク)は私が30過ぎてから語学留学した初めての土地です。
ここは今、世界中の環境問題に取り組む研究者には必ず話題になる都市です。
それは環境問題を市民一人一人が本気で取り組んで成果を上げているからです。そして路面電車が今ではよくメディアに取り上げられます.
この写真は1901年の電車の様子です。
b0116413_13394760.jpg私も子供の頃に路面電車で通学してました。
Freiburgに来て、学校で学生寮を割り当てられるときに、路面電車で通う郊外の学生寮になりました。距離があるということは気が重かったのですが、毎日の通学は、電車が実に静かでスムースな走り、安くてどこにでも便利に行けるという快適さから、今思うと観光旅行さながら、楽しい思い出となっています。

b0116413_13405223.jpg丁度左の写真が私が通っていた路線の写真で、途中下車をしては博物館に行ったり、買い物のマルクトに寄ったりしていました。
写真の左に木が見えますが、偶然、上の1901年の写真と同じところの反対側から撮った写真です。停留所には菩提樹の木があり、その下の泉では昔、旅人達や、馬がのどを潤したことでしょう。(停車場名はOberlinden。シューベルト歌曲のようですね。)
ところで、本題に戻りますが、この路面電車に改良がされ、今世界中で導入が勧められています。
全く自動車の社会を否定する訳ではありませんが、大気汚染と温暖化防止の面から、そして、今進みつつある超高齢化時代の到来を考えて、静岡市清水区の「LRTで結ぶ会」の会員としてささやかですがポスター・チラシの制作部門の一メンバーとしてお手伝いをすることになりました。で、
b0116413_1422242.jpg
このちらしを、皆さんの意見を取り入れて作りました。福祉の内容を今回は主に取り入れているので、ハンディキャップのある方、高齢者の方々に理解していただけるように留意しました。
もっともっと多くの方に知ってもらえますように、目線を高低左右、自由自在に動かしていこうと思います。
(掲載写真:Stadverkehr special 1994より)
[PR]
by olivemomo | 2007-09-23 14:17 | その他
<< ケルンメッセ 私のお気に入り ーその2− >>